立山 純米吟醸 1200mlパック

限定品 ギフト包装・のし対応可

¥ 1,585 税込

加算ポイント:15pt

商品コード: S0006

関連カテゴリ

  1. 地酒
数量

おしゃれなパッケージで気軽に味わえる、富山の地酒

おしゃれなパッケージで気軽に味わえる、富山の地酒

立山 純米吟醸

立山 純米吟醸

お米づくりにぴったりの気候風土で、古くから米どころとして知られる富山。2018年秋にデビューしたブランド米「富富富(ふふふ)」がニュースで話題になったのも記憶に新しく、上質なお米が数多く生産されています。

そんな富山の有名酒造メーカー「立山酒造」が、よりカジュアルに日本酒を飲んでもらえるようにと発売をはじめたパックスタイルのお酒「立山 純米吟醸」。品質はもちろんパッケージにもこだわり、おいしさと機能性を良いとこ取りした一本が生まれました。

立山連峰の清冽な水を生かした酒づくり

「立山 純米吟醸」立山連峰の清冽な水を生かした酒づくり

富山県、岐阜県、長野県にまたがって連なり、北アルプスという通称で親しまれる飛騨山脈。なかでも標高3,000m級の立山連峰は、富山県を象徴するランドスケープのひとつ。

また、立山の山頂から富山湾に向かって流れ込む雪どけ水は、人々の暮らしを支える重要な役割を果たしています。

富山県砺波市で酒造りを行う「立山酒造」を代表する銘柄「立山」。最近では日本だけでなく海外にも出荷されており、国内外のファンが、季節や酒米などによって異なるラインナップを楽しんでいます。

「パック酒」の概念を覆す、シンプルなデザイン

「立山 純米吟醸」「パック酒」の概念を覆す、シンプルなデザイン

オールホワイトに手書き風の文字と丸が描かれたパッケージ。さりげない色使いや美しい文字のフォントが目をひき、今までパック入りの日本酒を敬遠していた人でも、思わず手に取りたくなるおしゃれさです。

そのままテーブルに置いていても違和感なく、おもてなしの場やパーティーシーンにも活躍してくれます。

「立山 純米吟醸」オールホワイトに手書き風の文字と丸が描かれたパッケージ

酒米には、厳選された山田錦と五百万石を使用。柔らかな旨みを持つ優良品種・山田錦と、淡麗辛口のお酒によく使われる五百万石、それぞれの魅力をうまくミックスすることで、新しいおいしさを引き出しています。

香りと味わい

「立山 純米吟醸」香りと味わい

グラスに注いでみるとほぼ無色透明で、メロンのような吟醸香がふわっと鼻腔をくすぐります。全体的にはフルーティーでフレッシュ、軽めな印象。後からしっかり旨みを感じられるので、幅広い温度帯でいただけそうです。

香りを楽しむなら、少し冷やした状態でグラス(ワイングラスでもOK)に入れて飲むのがおすすめ。もちろん、徳利や片口とおちょこで軽快な味わいを少しずつ堪能するのもオツです。

幅広いおつまみに合わせられる、自由なお酒

「立山 純米吟醸」幅広いおつまみに合わせられる、自由なお酒

合わせる料理が限定されがちなイメージのある純米吟醸酒。「立山 純米吟醸」は香りが穏やかで飲みやすいお酒に仕上がっているので、気軽にいろいろな料理との相性を試してみてください。

お刺身や淡白な白身魚を使ったおつまみとのマリアージュは間違いなし。またお酒好きの方なら、旨みの強い塩辛にきゅうりや大根などのみずみずしい野菜を合わせていただくのもおすすめです。

そのほか前菜やサラダ、カルパッチョなど洋風のメニューにも意外にマッチします。

酒蔵紹介「立山酒造」

富山県砺波市で1830年(文政13年)に創業。花崗岩に濾過された清流庄川の伏流水を仕込み水に使うほか、原料米には上質の兵庫県産山田錦をメインに、北陸を代表する五百万石などこだわりの酒造好適米を用いてつくられています。

名杜氏の活躍によって、醸造技術にも年々磨きがかかり、全国新酒鑑評会でも金賞をいくつも受賞するなど定評のある酒蔵です。

代表銘柄は「立山」。本醸造からはじまり純米酒、純米大吟醸のほか生貯蔵酒や梅酒まで豊富なラインナップをそろえ、富山県内で圧倒的なシェアを誇っています。

立山 純米吟醸 1200mlパック

限定品 ギフト包装・のし対応可

¥ 1,585 税込

加算ポイント:15pt

商品コード: S0006

関連カテゴリ

  1. 地酒
数量

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)
この商品のレビュー ☆☆☆☆☆